MENU
すそわきが治療No.1ならコレ!
永久保障!全額返金保証付き!
↓↓↓
すそワキガにクリアネオ

ワキガ手術でニオイを解消できたお話

 

 

「あの人ワキガじゃない?」
その言葉を聞くたびに、私は反応してしまう。何年も前にワキガの手術をして、もう自分はワキガではないのに、少し怖くなる。
私、臭ってないやんな・・・?

 

私がワキガになったのは、母の遺伝だった。私は母のせいで、と思ったことはなかったが、母は自分のせいで娘もワキガになってしまった、と責任を感じていたようで、高校を卒業してからワキガの手術を勧められた。

 

最初は手術治療、と聞いて怖かったし、お金もかかるし・・・と戸惑っていた。でもワキガでいることはやっぱり辛かった。そして手術治療をしなければワキガが治ることがないことは理解していた。
だから私は思い切って手術を受け、今はワキガの臭いに悩まされることはない。
でもワキガ、という言葉を聞くとワキガで辛かった思いをしたことを思い出す。
人が近づいてくることが怖かった。

 

良くワキガの人は自分ではその臭いに気づいていない、ということを聞くがそんなことはない。自分でもワキガだということは痛い程分かっている。だから朝からウエットティッシュで脇の汗を拭く、制汗スプレーをふる。それでも家から学校までの短い時間でもあの鼻をつく嫌な臭いが漂ってくるのだ。
自分で臭いに気づいてないのではなく、気づいていてもどうしようもできないのだ。
自分がワキガだと周りに知られたくない、そんな思いが強く、あまり人に近づけなかった記憶がある。夏の日なんかは特に。臭いが漏れないように、脇をぎゅっとしめている癖もついていた。
「なんか臭くない?」という言葉を聞くと冷や汗が出た。自分のことではないと分かっていても。

 

それから、ワキガのせいで夏が嫌いだった。冬はそんなに汗をかかないし、服を何枚も着るから臭いもバレにくいけど、夏はそうはいかないから。それにタンクトップやキャミソールが着たくても臭いが気になって着れなかった。
電車やバスに乗るとき、吊革を持つのも嫌だった。

 

ワキガで困ったこと、嫌だったことはたくさんある。女の子は特にだと思う。
今は手術をして、ちゃんと治療をしたのでワキガではなくなったけど、ワキガの辛さは充分理解している。
周りに分かって欲しいのは、ワキガである本人が1番辛いということだ。

 

 

ワキガの悩みを一瞬で解決されたい方はこちらの記事をご覧ください
↓↓↓
>>わきが治療No1!安心安全な治療法はこちら!

 

 


関連ページ

彼女の嫌な顔が忘れない。。。
私のわきがのせいで彼女がどんどん離れていく辛い思いをしました。そんな体験談をこちらで告白します。
子供に指摘されて気づいたワキガ
子供にワキガを指摘されて初めて自分がワキガを認識しました。今まで気がつかなかったわきがを認識するとこんなに辛いなんて思っていなかったです。
思春期のワキガほど辛いものはないです。
思春期のワキガほど辛いものはないです。思春期は容姿に過敏になる頃なので、人一倍ニオイや見た目に気を遣います。
周囲の視線が本当に怖い。。。
満員電車には正直乗りたくありません。ワキガだと満員電車で周囲の視線をものすごく集めることになってしまい、精神的にも本当にやられます。