MENU

わきがのせいで彼女の嫌な顔が忘れない。。。

私は学生時代から脇の臭いで友人を得ることが出来ませんでした。

 

学生の時は野球に励んでいたのですが、ロッカーでは全員が着替えた後に行くようにしていました。
自分では気にはしていたものの臭いに関して人から言われる事もなかったので、
最初はみんなと同じくロッカーで着替えをしていたのですが、
ある日着替えていると一人が「何か臭くね」と言い出したんです。

 

誰とは言わないのですが、足早に出て行ったのを見て他のメンバーも嫌な顔をしながら足早に出て行きました。

 

 

自分だとは思ったのですが、とりあえずスルーすることにしました。

 

 

翌日消臭剤が置いてあるのを見て、一緒に着替えるのは控えようと思いました。

 

メンバーは気を使って何も言わないのだとは思いますが、
逆に何も言われることなくさりげなくこういうことになっているのが私はとても傷つきました。

 

それ以来大人数での着替えなど気が引けるようになっていきました。

 

就職して、普段から朝お風呂に入り、自分なりには気にするようにしていたのですが、
工場勤務だったため、工場内が暑く汗をかく機会が増えました。
その都度制汗シートなどで、臭いを隠そうとしていたのですが、
臭いが取れず、特に作業服に染み込みますので、
いくら制汗シートで体を拭いても衣類についた臭いで周りに不快感を与えてしまいます。

 

中には言わなくても露骨に嫌な顔をする人もいて私の周りには、
誰も寄り付かない感じで(私が勝手に思い込んでいるのかもしれませんが)した。

 

そして極めつけは、彼女との時が一番嫌でしたね。
普通の食事やショッピングの時は自分なりに
制汗シートと服に汗が染み込まないようにパットをつけたりと工夫していれば何とか防げたのですが、
さすがに密着されたり、ドライブなどで密室になると嫌な顔をする彼女を何回も見て、
何度も私から離れていきました。さすがに彼女を作るのは無理かと思っていましたが、

 

中には救う神もいるもので、臭いなんか気にしない人と出会う事が出来ました。

 

学生時代から悩んできた腋臭ですが、今は、
年齢を重ねたせいか収まりつつあります。しかしあの時の周りの嫌な顔は今も忘れることは出来ません。

 

>>すそわきが治療No1!安心安全な治療法はこちら!

 

関連ページ

子供に指摘されて気づいたワキガ
子供にワキガを指摘されて初めて自分がワキガを認識しました。今まで気がつかなかったわきがを認識するとこんなに辛いなんて思っていなかったです。